8. juli Ministry of Environmental Protection utgitt National Environment and Planning Institute 2015 årlig PM2,5 interprovincial transport matrise (heretter kalt matrise), i tillegg til Xinjiang PM2,5 interprovincial transport eksisterer ikke, de andre provinsene, er det en viss andel av transport. Provinces mest berørt av levering av Hainan. Matrix display, Hainan lokale PM2.5 utslipp utgjør bare 28% i inter-provinsen transport, Hainan 20% av PM2,5 fra Guangdong, Hunan, fra 9%, 7% fra Hubei, i tillegg av Fujian og Guangxi overføring berørt. I mer alvorlige luftforurensning situasjonen i Beijing, Tianjin området Hebei selv om 38% av PM2.5 sendinger… Read Article →

8. juli ministeriet for miljøbeskyttelse frigivet National Miljø og Planlægning Institut 2015 årlige PM2.5 Interprovincial transport matrix (i det følgende benævnt matrix), i tillæg til Xinjiang PM2.5 Interprovincial transport ikke eksisterer, de andre provinser, der er en vis andel af transporten. Provinser mest berørt af leveringen af Hainan. Matrix display, Hainan lokale PM2,5 emissioner udgør kun 28% i transport mellem provinserne, Hainan 20% af PM2,5 fra Guangdong, Hunan, fra 9%, 7% fra Hubei desuden af Fujian og Guangxi transmission påvirket. I mere alvorlige luftforurening situation i Beijing, Tianjin område Hebei selvom 38% af PM2,5 transmissioner… Read Article →

8 Temmuz Çevre Koruma Bakanlığı taşıma belli bir oranda olduğunu, yoksa Sincan PM2.5 iller arası ulaşım ek olarak (bundan sonra matris olarak anılacaktır) Ulusal Çevre ve Planlama Enstitüsü 2015 yıllık PM2.5 iller arası ulaşım matrisi, diğer illerde yayınladı. İller en Hainan teslim etkilenen. Matris ekran, Hainan yerel PM2.5 emisyonları iller arası ulaşım sadece% 28 için hesap, Hainan Fujian ve Guangxi tarafından% 9, Hubei 7 den% Guangdong, Hunan, ek olarak gelen PM2.5% 20, iletim etkiledi. Pekin’de daha ciddi hava kirliliği durumda, diğer illerden gelen PM2.5 yayınlar Tianjin alan Hebei rağmen% 38, ancak Pekin, Tianjin 20, Pekin,… Read Article →

8 juli, ministeriet för miljöskydd släpps den årliga PM2,5 Interprovincial transportmatris National miljö och Planning Institute 2015 (nedan kallat matris), utöver Xinjiang PM2.5 Interprovincial transport existerar inte, de andra provinser, det finns en viss andel av transporter. Provinser som drabbats hårdast av leverans av Hainan. Matrix display, svarar Hainan lokala PM2.5 utsläpp endast 28% i mellan provinserna transport, Hainan 20% av PM2.5 från Guangdong, Hunan, från 9%, 7% från Hubei, dessutom av Fujian och Guangxi överföring påverkas. I mer allvarliga situationen luftföroreningar i Peking, Tianjin Hebei även 38% av PM2,5 sändningar från andra provinser, men… Read Article →

8 июля Министерство охраны окружающей среды выпустила ежегодный PM2.5 межпровинциальной транспортную матрицу Национальная экологическая и проектный институт 2015 (далее в качестве матрицы), в дополнение к Синьцзян PM2.5 межпровинциальной транспорта не существует, другие провинции, есть определенная доля транспорта. Провинции наиболее пострадавших от доставки Хайнань. Матрица дисплея, счет выбросов местной PM2.5 Хайнань лишь 28% в межобластного транспорта, Хайнань 20% ТЧ2.5 из провинции Гуандун, Хунань, с 9%, 7% от Хубэй, кроме того, по Фуцзянь и Гуанси передачи пострадавших. В более серьезной ситуации с загрязнением воздуха в Пекине, Тяньцзинь области Хэбэй, хотя 38% PM2.5 передач из других провинций, но… Read Article →

8 de Julho, o Ministério da Proteção Ambiental lançou o PM2.5 anual matriz Nacional do Meio Ambiente e do Ordenamento do Instituto 2015 transporte interprovincial (doravante referida como matriz), além do transporte interprovincial Xinjiang PM2.5 não existe, as outras províncias, há uma certa proporção de transporte. Províncias mais afectadas pela entrega de Hainan. display de matriz, conta Hainan emissões de PM2.5 local para apenas 28% no transporte inter-provincial, Hainan 20% de PM2.5 de Guangdong, Hunan, de 9%, 7% a partir de Hubei, além disso, pela Fujian e Guangxi transmissão afectada. No mais grave situação de… Read Article →

8 lipca, Ministerstwo Ochrony Środowiska opublikował roczny PM2.5 matrycę Narodowy Instytut Środowiska i Planowania 2015 transportowej Międzyprowincjalna (zwany dalej matrycy), w uzupełnieniu do Xinjiang PM2.5 transportu międzyprowincjalnej nie istnieje, innych prowincjach, istnieje pewna część transportu. Prowincje najbardziej dotknięte przez dostawę Hainan. Wyświetlacz matrycowy, Hainan emisje lokalne PM2.5 stanowią zaledwie 28% w transporcie między prowincjami, Hainan 20% z PM2,5 z Guangdong, Hunan, od 9%, 7% z Hubei, w dodatku przez Fujian i Guangxi transmisja naruszone. W bardziej poważnej sytuacji zanieczyszczenia powietrza w Pekinie, strefa Tianjin Hebei chociaż 38% z transmisjami PM2.5 z innych województw, ale dał… Read Article →

8 juli, het ministerie van Milieubescherming vrijgegeven van de National Environment and Planning Institute 2015 jaarlijkse PM2.5 interprovinciale transport matrix (hierna aangeduid als matrix), in aanvulling op Xinjiang PM2.5 interprovinciale vervoer bestaat niet, de andere provincies, is er een bepaald deel van het vervoer. Provincies het meest getroffen door de levering van Hainan. Matrix display, Hainan lokale PM2.5-uitstoot slechts goed voor 28% in de inter-provinciaal vervoer, Hainan 20% van PM2.5 uit Guangdong, Hunan, van 9%, 7% ten opzichte van Hubei, bovendien door de Fujian en Guangxi transmissie beïnvloed. In de meer ernstige situatie luchtvervuiling in… Read Article →

7月8日,環保部環境規劃院發布2015年度全國PM2.5跨省輸送矩陣(以下簡稱矩陣),除新疆不存在PM2.5跨省輸送外,其他省份都存在一定的輸送比例。 受跨省輸送影響最大的是海南。矩陣顯示,海南本地PM2.5排放僅佔28%,在跨省輸送中,海南省20%的PM2.5來自廣東,9%來自湖南,7%來自湖北,此外,還受福建、廣西等地傳輸影響。 在大氣污染形勢較嚴峻的京津冀地區,河北雖然有38%的PM2.5來自其他省份的傳輸,但其卻給北京、天津空氣質量帶來的不小影響,其中北京18%、天津20 %的PM2.5均來自河北傳輸。 對此,公眾環境研究中心主任馬軍對《每日經濟新聞》記者說,河北的污染物排放對整個京津冀地區有非常重大的影響,京津冀大氣污染治理的關鍵在河北。 河北對北京PM2.5影響最大 環保部環境規劃院稱,PM2.5污染呈現典型的區域性特徵,各行政單元之間均存在顯著的跨區域輸送規律。研究建立PM2.5跨區域輸送矩陣,基於各行政主體之間的“污染權責關係”優化大氣污染減排策略,是當前環境管理中的熱點問題之一。 矩陣顯示,受跨省影響最小的是新疆,比例為0,受跨省影響最大的是海南,占到了72%。其他29省份PM2.5跨省輸送比例在5%~49%。 其中,在京津冀地區,河北是PM2.5跨省輸送的“主角”。 2015年,北京PM2.5來源中,本地污染排放貢獻66%,其在,河北輸送佔18%,天津、山東輸送分別佔4%。 天津本地污染物排放對PM2.5的貢獻是56%,跨省輸送中對其影響較大的分別是河北佔20%,山東佔10%。 在北京、天津的PM2.5跨省輸送中,河北無疑佔據大頭。 矩陣還顯示,河北62%的PM2.5來源於本地排放,其中11%來自於山東輸送,6%來自於河南,5%為山西輸送。 環保部給河北治污加碼 環保部數據顯示,2015年,京津冀區域13個城市平均達標天數比例為52.4%,同比提高9.6個百分點。 PM2.5、PM10、SO2和NO2濃度同比明顯下降。 但是,京津冀地區污染物濃度下降幅度與完成目標的要求仍有差距。 2013年9月,《大氣污染防治行動計劃》(又稱大氣十條)印發實施,在具體指標中要求,到2017年,京津冀、長三角、珠三角等區域細顆粒物濃度分別下降25%、 20%和15%左右,其中北京市細顆粒物年均濃度控制在60微克/立方米左右。 記者了解到,2015年北京PM2.5年均濃度為80.6微克/立方米,要在兩年時間內完成2017年的目標,PM2.5年均濃度每年需要至少 下降10微克/立方米。但從2014年、2015年的降幅來看,北京市PM2.5年均濃度每年僅下降5~6微克/立方米,這意味著,後面兩年北京市的PM2.5年均濃度降幅需要翻倍。 近期,環保部與京津冀三省市聯合印發通知,部署2016年至2017年京津冀大氣污染防治強化措施。明確要求,到2017年,天津市PM2.5 年均濃度應達到60微克/立方米左右。同時,也給河北省施加更大的治污壓力,其中,2016年廊坊市區空氣質量PM2.5年均值達到74微克/立方 米,2017年達到65微克/立方米。 對此,清華大學環境學院院長賀克斌認為,此前廊坊等地都只是百分比的下降目標,現在改成了具體濃度值,強化措施中空氣質量改善目標在加碼。 馬軍介紹,河北燃煤量、排放量大,京津冀治理關鍵在河北,河北也認識到這點,但相對於河北發展階段和承擔區域的角色,要想河北真正落實好大氣污染減排工作,需給予更多的補償、支持。

7月8日、環境保護省(以下、マトリックスと呼ばれる)国立環境計画研究所2015年次PM2.5州間の輸送行列をリリースし、新疆PM2.5州間の輸送に加えて、他の地方に存在しない、輸送の特定の割合があります。 最も海南の配信によって影響を受ける州。マトリックスディスプレイ、海南地元のPM2.5の排出量は、インター地方の交通機関でわずか28%を占め、海南省、福建省と広西チワン族自治区で9%湖北省から7%から広東省、湖南省、加えてからPM2.5の20%、送信が影響を受けます。 北京のより深刻な大気汚染の状況では、天津エリア河北他省からのPM2.5送信の38%が、それは北京、天津の空気の質は、北京、天津20の18%を少なからず影響を引き起こしませんでしたPM2.5の%は、河北省の送信からです。 この点で、馬ジュン、 “毎日経済ニュース”記者に公共環境研究センターのディレクターは、河北省の排出量は、北京、天津、北京、天津、河北省における重要な大気汚染制御の領域全体に非常に大きな影響を持っている、と述べました。 北京PM2.5に河北省の最大の影響 環境計画研究所の環境保護部門は、PM2.5汚染は、典型的な地域特性を持っている様々な行政単位間のクロス地域の運送法の重要な存在である、と述べました。設立PM2.5地域間輸送マトリックス、執行機関間の「公害の責任関係」に基づいて、大気汚染削減政策の最適化は、環境管理におけるホットな課題の一つです。 マトリックスディスプレイ、最小限の影響はそれが72%を占め、最も影響を受けた海南省で、比率が0である、新疆の地方によってです。 5%〜49%の29他の地域のPM2.5州間の輸送割合。 ここで、北京、天津の領域では、河北省のPM2.5は「英雄」を配信されます 2015年までに、北京PM2.5源、地元の排出量は、その河北輸送の66%が18%を占め貢献、天津、山東省および輸送は、それぞれ、4%を占めました。 天津地元の排出量はPM2.5に貢献する56それぞれ%、彼らの大きな影響の間の地方運輸20%、河北省、山東省、10%を占めています。 インター地方交通PM2.5では北京、天津、河北は間違いなく大部分を占めることになります。 マトリックスはまた、河南省、山西省、5%の配信から11%が山東省の輸送から来たの河北地元の排出量、6%からPM2.5の62%を示しています。 河北汚染太り過ぎに環境保護省 環境保護部門のデータは2015年に、日の平均数は、北京、天津、コンプライアンス13都市の割合は9.6%ポイント、52.4パーセントであったことを示しています。 PM2.5は、PM10は、SO2とNO2濃度は、前年同期に比べ大幅に減少しました。 しかし、北京、天津地域における汚染物質の濃度の低下とは、まだギャップがターゲットの要件を完了します。 2013年9月、「アクションの大気汚染防止計画」は2017年の特定の指標を必要とし、実装するために発行された(また、大気中の10として知られている)、北京、天津の微粒子物質の濃度は、長江デルタ、珠江デルタ地域は、それぞれ、25%減北京での微粒子物質の年間平均濃度は、約60マイクログラム/立方メートルで制御20%と15%、。 記者は、2年後に2017年の目標を完了するために、2015年に北京PM2.5年均浓度为80.6マイクログラム/立方メートルことが10マイクログラム/立方メートルのPM2.5年均浓度每年需要至少減少を学びました。しかし2014年に、2015年に落ちた、北京PM2.5年均浓度每年仅下降5-6マイクログラム/立方メートルは、その2年後の北京PM2.5年均浓度降幅需要翻で意味しています回。 近年、環境保護、北京、天津、3省の省が共同で2016年から2017年Jingjinjiは、大気汚染防止対策を強化展開する通知を発行しました。クリア要件、2017年には、天津年平均PM2.5濃度は約60マイクログラム/立方メートルでなければなりません。一方、また、河北省で65マイクログラム/立方メートルに達するようにする2016年には廊坊都市の大気の質のPM2.5年均值达到、公害に2017年74マイクログラム/立方メートルを大きな圧力を発揮します。 応答では、ディーン、環境の学校は、清華大学Kebinは廊坊後、ちょうど、今特定の濃度値になってゴールの割合を、ドロップ太り過ぎ空気品質目標を改善するための対策を強化することを考えています。 馬6月、河北省の石炭燃焼、北京、天津、河北省での鍵管理は、河北省もこの点を認識し、大からの排出量が、開発段階に関して、真に河北大気汚染の軽減を実現するために、河北地域の役割を担います作業は、必要性はより補償のサポートを得ました。

Scroll To Top
  • Uncategorized
  • 2016