Yaz sezonunun başlangıcı, sezon dönüşüm müjdeledi. 20 Mayıs bir yarım ay vardır. Bu Tsai Ing-wen ofis düğümleri aldı ise, hassas peynir farkında mesaj vardır Tayvan ile ilgili. O, büyük adamlar izliyor ne devlet tablo, göreve geldiğinde bir şey diyecekler. Bu “Halkın Günlüğü” 5. konusunda, değil tüm boyunca bahsediyoruz, ön sayfada bir Yorumcu’nın makale yayınladı “1992 konsensüs.” Bu sıradışı düzenleme, Tayvan adası ilgilidir. Frank Hsieh, DPP ağır topları spoiler Tsai açılış konuşması “1992 konsensüs”, yapılan son resmi medya tepki olarak kıta söz etmez söylenir. Hsieh nasıl söyleyecek? “DPP 1992 konsensüs” ‘ilgili’ ya da ‘bir’ ‘ulaşmak ama… Read Article →

Begyndelsen af sommersæsonen, indvarslede omdannelsen af sæsonen. Der er en halv måned til den 20. maj en. Taiwan-relateret meddelelse på følsomme ost ved, er dette Tsai Ing-wen tiltrådte noder. Jeg vil sige noget, når han tiltrådte, hvilken tilstand tabel er de store fyre ser. Dette betyder ikke, på 5. udgave af “Folkets Daily” udgivet en kommentator s artikel på forsiden, taler om over hele “1992 konsensus.” Denne usædvanlige arrangement, øen Taiwan er berørt. Det siges, at Frank Hsieh, er DPP sværvægtere spoilere Tsai åbningstale ikke nævne den “1992 konsensus”, kontinentet som er en reaktion på… Read Article →

Begynnelsen av sommersesongen, varslet konvertering av sesongen. Det er en halv måned til 20. mai en. Taiwan-meldinger på sensitive osten er klar over, er dette Tsai Ing-wen tok kontor noder. Jeg vil si noe da han overtok, hva staten tabellen, er de store gutta ser på. Dette betyr ikke, den 5. utgaven av “Folkets Daily” publisert en kommentator artikkel på forsiden, snakker om i hele “1992 konsensus”. Denne uvanlige ordningen, er øya Taiwan bekymret. Det sies at Frank Hsieh, betyr DPP tungvektere spoilers Tsai tiltredelsestale ikke nevne “1992 konsensus”, kontinentet som er et svar på… Read Article →

Början av sommarsäsongen, förebådade omvandlingen av säsongen. Det finns en halv månad till 20 maj a. Taiwan-meddelandet på den känsliga ost är medvetna, är Tsai Ing-wen tillträdde noder. Jag kommer att säga något när han tillträdde, vilket tillstånd bord, är de stora killarna tittar på. Detta innebär inte, på 5: e frågan om “Folkets dagblad” publicerade en kommentator: s artikel på första sidan, talar om i hela den “1992 konsensus.” Denna ovanliga arrangemang är berörda ön Taiwan. Det sägs att Frank Hsieh, DPP tungviktare spoilers Tsai invigningstal inte tala om “1992 konsensus”, den kontinent som… Read Article →

Начало летнего сезона, ознаменовало превращение сезона. Есть полтора месяца до 20 мая. Тайвань связанных сообщение на чувствительном сыра известно, это Цай Ин-вэнь вступил в должность узлы. Я скажу что-нибудь, когда он вступил в должность, в каком состоянии таблицы, большие парни смотрят. Это не должно, на 5-м выпуске “Жэньминь жибао” опубликовала статью комментатора на первой странице, говоря о протяжении всего “консенсуса 1992 года». Это необычное расположение, остров Тайвань обеспокоен. Говорят, что Фрэнк Се, DPP тяжеловесы спойлеры Цай инаугурационной речи не упоминает “консенсуса 1992 года”, континент, который находится в ответ на последние официальные СМИ сделали. Се, как… Read Article →

Início da temporada de verão, anunciou a conversão da temporada. Há metade de um mês a 20 de Maio a. Taiwan relacionadas com a mensagem no queijo sensíveis estão cientes, este é Tsai Ing-wen levou nós de escritório. Eu vou dizer nada quando ele assumiu o cargo, o que tabela de estado, os grandes caras estão assistindo. Isto não significa, no 5º edição do “Diário do Povo” publicou o artigo de um comentador na primeira página, falando em todo o “consenso 1992”. Este arranjo incomum, a ilha de Taiwan está em causa. Diz-se que Frank… Read Article →

Początek sezonu letniego, zapowiadał przemianę sezonu. Istnieje pół miesiąca do 20 maja a. Tajwan związanych wiadomość wrażliwej sera są świadomi, to jest Tsai Ing-wen wzięła węzły biurowych. Powiem coś, kiedy objął urząd, w jakim stanie stół, wielkie chłopaki oglądają. To nie robi, na 5. numerze “Dziennika Ludowego” opublikował artykuł komentatorem jest na stronie głównej, mówisz po całej “1992 konsensusu.” To nietypowe rozwiązanie, na wyspie Tajwan jest zaniepokojony. Mówi się, że Frank Hsieh, gigantów DPP spoilery Tsai Inauguracyjny mowy nie wspomnieć o “1992” konsensusu, kontynent, który jest odpowiedzią na najnowsze oficjalne media wykonane. Hsieh, jak to… Read Article →

Begin van de zomer seizoen, luidde de omzetting van het seizoen. Er zijn een halve maand tot 20 mei een. Taiwan-gerelateerde bericht op de gevoelige kaas zich bewust zijn, dit is Tsai Ing-wen aantrad knooppunten. Ik zal niets zeggen, toen hij aantrad, welke staat tabel zijn de grote jongens te kijken. Dit betekent niet, op de 5e editie van “People’s Daily” publiceerde een commentator het artikel op de voorpagina, praten over het ganse “1992 consensus.” Deze ongebruikelijke opstelling, het eiland Taiwan betreft. Er wordt gezegd dat Frank Hsieh, DPP zwaargewichten spoilers Tsai inaugurele rede niet… Read Article →

立夏時節,預示著季節的轉換。還有半個月,就到5月20日了。 對涉台訊息敏感的筒子們都知道,這是蔡英文上任的節點。上任時會說什麼話,表什麼態,大傢伙都看著呢。 這不,5日出版的《人民日報》頭版刊發評論員文章,通篇講的都是“九二共識”。這種安排不尋常,台灣島內更是關注。有人說,民進黨大佬謝長廷劇透蔡英文就職演說不會提“九二共識”後,這是大陸官媒最新做出的回應。 謝長廷怎麼說的? “民進黨不承認’九二共識’這4個字,但承認1992年有會議,’但是我們沒有認為有達成’一中各表’或是’一中’的’九二共識’,這個我們並不承認。”雖然這只是回答他的個人見解,但他“現在是執行台灣地區領導人當選人蔡英文的政策。” “承不承認‘九二共識’?陸方再下通牒”,台灣媒體轉述得形象又不客氣。 人民日報的頭版評論, 且由“本報評論員”出馬擔綱,絕不是一般事務隨隨便便就能匹配上的。島叔做了一番統計後,更是堅定了這種想法。 縱向看,歷史上人民日報頭版涉台評論的數量不多,涵蓋習馬會、反“台獨”立法、陳水扁的“5·20講話”、呂秀蓮數典忘祖、李登輝及其“兩國論”等議題。 換句話說,盤點20年來的兩岸關係,只有兩岸關係發展的關鍵節點上,“本報評論員”才惜墨如金地現出真身,並且評點負面議題居多。比如,1995年7月李登輝在康奈爾大學的演講,1999年7月“兩國論”甚囂塵上,2000年“大選”陳水扁意外上台等,都是如此。 按照慣例類比,最接近5日評論的,是人民日報2000年5月15日一版評論《一個中國的原則不容迴避》。不錯,那也正是陳水扁將意氣洋洋發表5·20就職演說的前夜。這次大陸更不藏著掖著,評論直指的對象就是“台灣當局新當選領導人”。內容一言蔽之,不承認“九二共識”就是改變兩岸現狀。 此言看似簡單,但態度清晰,話說得很重。 第一,是不隨你起舞,節奏感在我這邊,正式說法叫“對台方針不會因台灣政局變化而改變”。 第二,耐心總是有限的。圍繞“九二會議”繞圈子,想蒙混過關?門也沒有!在大陸看來,“九二共識”的智慧是求同存異,展示了大陸的政策彈性。民進黨卻棄之如敝履,空言什麼“維持現狀”,這是完全無法接受的。 三是你口口聲聲不是要善意嗎?善意來啦!從時間上看,是事前打預防針,而不是事後開批鬥會。提示三思而後行,是實打實的善意。評論最後說,兩岸關係和平發展的成果來之不易,需要悉心呵護,不要等到失去的時候才知它的珍貴。這種諄諄之語,更像是“勿謂言之不預也”的善意提醒。 有意思的是,蔡英文勝選後即接受偏藍的《聯合報》專訪(而非偏綠的《自由時報》之類),專門談到兩岸關係,要求大陸多釋放一些善意。而心領神會的《聯合報》立馬摘編出來,放在頭版頭條足量處理,向對岸遞話的意圖活生生刻在臉上。如今5·20沒幾天了,大陸黨報頭版外加由4日晚的《新聞聯播》和新華社提前報導,三架馬車式的高規格大陣仗強力度,自然某種程度上給足了相關人員面子——正所謂來而不往非禮也。 蔡英文的5·20就職演說,關涉兩岸關係的部分,無疑最引人注目。但劇情基本排除了一波三折或者峰迴路轉的橋段。似乎從最初,謎底就已解開。 用島內觀察人士的話說,大陸要的是“九二共識”,蔡英文在就職演說中不會公開拒絕,但也不會提。小英的脾氣還是很倔的,就是絕不妥協,在意識形態上有她的堅持。 什麼是意識形態的堅持?比如要她廢除“台獨”黨綱或者“台灣前途決議文”,那是絕對不可能的。直接接受“九二共識”?更不現實。別忘了,除了創造曖昧的空間的需求,還有深“獨”的拉力。近期深“獨”也沒閒著,像“兩岸可做兄弟之邦”樣的陳詞濫調、鬼話連篇又有所抬頭。要在“獨”派喧囂和對岸壓力中尋求一個平衡點,就必須拿出“調和鼎鼐”的本領,這也是“維持現狀”出爐時的如意算盤。 可以預見,除了复讀機式的“維持現狀”,蔡英文在5·20拿不出什麼新東西或者進一步的誠意。從政治手腕上看,比起阿扁的愣頭青,蔡英文更具有一種泥鰍性格。雖然不爽,但一時間你很難找到處理的借力和抓手。 要說“維持現狀”是個空殼,也確實有些冤枉人。蔡英文自有疊床架屋的一套論述。按照島內有人的概括,未來蔡英文的執政和論述會依循四大主軸去運轉:“中華民國憲政體制”、“維持現狀”、和平發展、多數民意。就像一輛車的四個輪子一樣,“憲政體制”是車身,和平發展是輪子,多數民意可做剎車皮,但是整體會保持良性運作方式云云。說來說去,唯獨沒有清晰的兩岸定位,那可是汽車的方向盤呀。 所以對蔡英文團隊提出的試圖繞過“九二共識”的替代性論述,大陸方面依舊是疑慮重重,絕不滿意。這方面,頭版言論就是最好的明證。 16年前《一個中國的原則不容迴避》文中,人民日報評論員表示,注意到近一個時期台灣有人發表了一些“願意”改善兩岸關係的言論,表示不會讓“兩國論入憲”,不會就“統獨”問題進行所謂“公民投票”,不會宣布“台灣獨立”等。文章給出的回答是 “聽其言,觀其行”。 這種審慎,絕非多此一舉。當年陳水扁上任伊始,5·20講話也是應承滿滿的“四不一沒有”。結果呢? “台海麻煩製造者”的帽子扣到現在。都不用中國大陸吱聲,那頂帽子是美國人給的。 16年過去了,似乎是一個輪迴。聽“維持現狀”其言,拿“九二共識”的標尺來卡其行,依舊是毫不過時的策略。 有人猜測說,蔡英文希望大陸釋放更多的“善意”,應該是希望對“九二共識”有更松更寬闊的解釋。大陸對台政策的底線一直都很清楚,怎麼退讓?再說幾乎天天講,月月講,時時講,每個老百姓都很清楚了,又如何放水?反觀蔡英文的兩岸政策,只承認九二會談的歷史事實,生生把“九二共識”兩岸同屬一中的精髓閹割掉了。那樣的下刀子,還有善意可言嗎?正是因為善意少,互信低,民共之間才缺乏溝通渠道,隔空喊話多。這也可以反證,為何過去8年,涉台當局的批評言論,絕少出現在《人民日報》上面。 沒有“九二共識”壓陣,兩岸間的“冷和平”勢所難免。有島內專家表示,大陸現階段確實不至於使用武力,但大可以採用經濟、外交方法制約蔡英文當局。台灣如果不能與大陸保持友好關係,很多經濟商業行為自然困難,不僅難以參與RCEP的區域整合,連與第三方商簽雙邊自由貿易協議都可能受阻。 有人說,綠營對上台後的兩岸“冷和平”已經有心理準備。那是要把《人民日報》頭版評論的苦口婆心當耳旁風的節奏。還有一句著名的評論是怎麼說得來著?對了,叫“丟掉幻想,準備戰鬥”。

夏のシーズンの始まり、季節の変換を告げました。 5月20日に半分の月があります。 敏感なチーズに台湾関連のメッセージこれは蔡英文は、オフィス・ノードを取っている、知っています。彼は、大物が見ているものを状態テーブル、オフィスを取ったとき、私は何を言うだろう。 これは、「人民日報」の第五の問題にすべての全体についての話を、フロントページ上のコメンテーターの記事を掲載していません」1992年コンセンサス」。この異常な配置は、台湾の島が懸念されます。フランク・謝は、DPPの大物スポイラーツァイ就任演説は、「1992年コンセンサス」、作られた最新の公式メディアに対応している大陸に言及していないと言われています。 謝は、どのように言って? 「DPPは、1992年コンセンサス」の ‘、それぞれの’または ‘1’ ‘に達するが、我々はそこにはないと思う」これを一つの中国」を1992年コンセンサス」4つの単語を認識したが、1992年の会議のことを認め、しません「これが唯一の答え、彼の個人的な意見ですが、彼は「私たちは。認識しないようになりまし政策エレクトの台湾のリーダー蔡英文の実装です。 ” 「「1992年コンセンサス ‘?側地とし、次の最後通牒それを認めるかどうか、「メディアは台湾のイメージを引用し、失礼でした。 人民日報フロントページのコメント、およびフィーチャーしたロビーには、「新聞のコメンテーターを、「さりげなく上に一致させることができ、通常の取引ではありません。島のトンは、統計情報の多くは、より強固なこのアイデアを行います。 垂直人民日報の歴史のフロントページに台湾関連のコメントは、少数の、研究は「台湾独立」法案に反対、ジョッキークラブをカバーし、陳水扁の「5月20日のスピーチ、「アネット彼らの祖先を忘れて、李登輝「二つの状態の理論」やその他の問題。 つまり、在庫両岸関係20年、両岸関係のキーのみのノードは、「新聞の解説者は「唯一の真実と論評ほとんどが負の問題にXimorujinを浮上しました。例えば、1995年7月1999年7月コーネル大学の李氏の演説で、「二国家論」横行し、2000年「選挙」陳水扁はパワー事故に来て、真です。 コンベンション類推によって、最も近い5つのコメント、人民日報2000年5月15日版は「一つの中国の原則は避けることができない。」レビューはい、それは陳水扁は前夜に感情的な海5月20日の就任演説を残すまさにです。大陸はあまりそれを隠蔽され、オブジェクトに向けコメントは、「台湾当局の新たに選出された指導者」です。一言で言えばコンテンツは、「1992年コンセンサス」を認識しない両岸の現状を変更することです。 この文はひどく言って、単純な、しかし明確な態度を見えるかもしれません。 まず、あなたが踊っていないとして、私の側のリズムは、と呼ばれる正式な理論は「台湾に向けた政策は変更する台湾の政治状況は変更されません。」 第二に、患者は常に限られています。 「1992年会議」の周りに逃げるために、ブッシュについてのビート?ドアはしませんでした!本土の意見では、「1992年コンセンサス」は、共通の基盤を求めている政策の柔軟性の大陸を示すの知恵です。 DPPは全く受け入れられないBilv、空のどの言葉「現状維持」、として断念されました。 第三に、あなたがいないと誠実にそれを保っ?のれん来ます!時間の面では、事前に予防接種ではなく、オープンな闘争セッションの後。ヒントは二回、それが誠意を持って本物だと思います。論評は、両岸関係の平和的発展は、私はそれが貴重な時間を失ったことを発見するまで待っていない、ハードウォンの成果で良いケアを必要としていることを述べました。このような本格的な言語のような穏やかなリマインダー」の言葉は、あまりにもを進めないことを言ってはいけません」。 興味深いことに、蔡英文は青みがかった「聯合ニュース」のインタビュー(むしろ緑がかった「自由時報」など)の後に勝利を受け入れるために、両岸関係に専念され、中国本土は、より多くののれんが必要です。 「聯合ニュース」抜粋のヒントは、生活の意図は顔である手渡した後、反対側に治療の十分な量のフロントページに飛びました。今日、5月20日の数日、党機関紙のフロントページに加えて、本土と新華社通信は、4夜によって事前に「ニュースネットワーク」、ある程度、自然の足には3つの強力なコーチスタイル知名度の高い大パレードの取り組みを報告しました担当者が直面している – 往復運動するように呼び出されます。 蔡英文の就任演説5月20日、両岸関係の一部で懸念し、間違いなく最も目を引くです。プロットの紆余曲折、またはプロットの紆余曲折の基本的なルールしかし。それは最初からだが、謎は解決されていました。 オブザーバーの島の言葉では、本土 “1992年コンセンサスは、「蔡英文は公に彼の就任演説で拒否されませんが、言及していません。リトル・ブリテンの気性はつまり、イデオロギーに妥協することはありません、まだ非常に頑固である彼女の主張を持っています。 イデオロギーの主張とは何ですか?例えば、彼女の「台湾独立」パーティプログラムまたは「台湾前途決議文」を廃止し、それは絶対に不可能です。直接「1992年コンセンサス “を受け入れますか?より現実的。曖昧な空間のニーズだけでなく、緊張の深い「自立」を作成することに加えて、忘れないでください。最近の深い「自立」とは、決まり文句のようなもの “を行うために、両側の状態の兄弟」として、中にピッチングされ、ゴーストの話はその頭を飼育しています。ハッスルとバランスを追求するために圧力を横切って「独立」勢力のために、我々は、焼いたときに、「現状維持」希望的観測である「丁ナイを和解、「能力を考え出す必要があります。 リピータースタイル「現状維持」に加えて、5月20日での蔡英文が何か新しいまたはさらなる誠意を得ることができなかったことは予見可能です。ビューの政治的観点から、手首は、扁、蔡英文は、より多くのドジョウ文字を持っているlengtouqing比較しました。不幸が、しかし、あなたはほとんどの時間を扱う活用し、グリップを見つけることができません。 「現状維持」は空のシェル、実際にいくつかの罪のない人々であると言います。談話の蔡英文自身の多くの無駄な繰り返し。島によると要約、および実行するために4スピンドルに従いますツァイの判決の将来を議論した:「ROC憲法システム「平和的発展の、「現状」、世論の大半を。 「憲法システムは「体であるように、四輪車のように、平和的発展は、ホイールである、ブレーキパッドは、世論の大半を行いますが、全体的なので、上の操作の良性モードのままと。とにかく、道の車のステアリングホイールた2辺のだけではない明確なポジショニング。 蔡英文のチームので、「1992年コンセンサス」の代替談話を迂回しようとした、本土は決して満足し、まだ懐疑的です。この点に関しては、音声のフロントページには、最高の証拠です。 16年前に、記事を「一つの中国の原則は、避けることができない」、人民日報評論は台湾の一部の人々は最近の期間に留意したと述べた両岸関係のレトリックを改善するためにいくつかは「喜んで」作られた、彼らは「憲法に二状態理論 “許可しないと述べました「統一か独立」問題に関するいない、いわゆる「国民投票」、「台湾独立」を宣言しません。与えられた記事の答えは、「彼の言葉に耳を傾け、彼の行為を見て」です。 このような慎重さ、余計ません。陳水扁は5月20日のスピーチは約束に満ちている、今年の初めに就任した「4なしさん。」その結果は? 「台湾海峡トラブル、「現在に帽子。中国本土は帽子がアメリカ人によって与えられた、言葉を言うことはありません。 16年後、生まれ変わりのようです。 「1992年コンセンサス」ルーラーカーキ色のラインを取る、彼の言葉」、現状維持」に耳を傾け、時代遅れの戦略なしではまだです。 蔡英文は本土のリリースより「のれん」は、「1992年コンセンサス」に希望する必要があることを願ってい憶測があり緩い広い解釈を持っています。本土の台湾政策の一番下の行は、どのように譲歩、非常に明確にされていますか?加えてほぼ毎日、月やトーク、常に非常に明確で、どのように水をオンにされた人々のそれぞれについて話しますか?蔡英文の両岸政策一方、九〇から二話、人生と2辺の本質が出て1中国「九二共識」去勢に属しているだけで歴史的事実を認識しています。ナイフ下のように、善意は全くまだありますか?のれんの、相互信頼がスピーカーなどを取る人々の間のコミュニケーションの低い、唯一の完全な欠如であるためです。これはまた、これに反する証拠とすることができ、なぜ過去8年間で、台湾関連の批判の当局は、まれに上記の「人民日報」に表示されません。 何の「九二共識」は必然的な傾向の両側の間のライン「冷たい平和」を開催していないがあります。島の専門家はない本土はこの段階で力を使用することはありませんが、彼らは経済的、外交的方法はツァイ当局を制限する使用できることがあり語りました。台湾は、地域統合のRCEPに参加することは困難ではないだけに、本土との友好関係を維持し、多くの経済的困難の自然なビジネス慣行されない場合は、サードパーティのプロバイダとさえ署名した二国間の自由貿易協定がブロックされる可能性があります。 2つの側面が「冷たい平和」のグリーンキャンプに電力を供給するために来た後に心理的に準備されたといわれています。それがリズムを留意したときに本格的に「人民日報」のフロントページの解説をすることです。どのように越Delaiの有名なコメントがありますか?ちなみに、「戦う準備ができて失われた幻想、。 “と呼ばれます

Scroll To Top
  • Uncategorized
  • 2016